安心できる動物病院選び、犬の避妊手術で心配ご無用

動物病院

ペットの避妊手術

動物病院

飼っている猫ちゃんやワンちゃんの出産は考えていますか?もし考えていないのであればオスでもメスでも一度は避妊手術を検討しておきましょう。たしかに病気でもないのに体を傷つけてしまうことはかわいそうですが、もし子どもを産まないのに避妊手術をしないとなると、発情によるホルモンの分泌などが原因で病気になってしまう場合も考えられます。特にメスの場合は子宮蓄膿症や乳がんの可能性が高くなります。また、猫の場合は室内から出ない環境であれば大丈夫ですが、庭先などに出ることができる環境だと、外からきたオス猫との間で妊娠してしまい、いつの間にかおなかが大きくなっていた・・なんてこともあります。野良猫の増加による殺処分も年々増えています。飼っているペットの避妊手術でそれらも減らすことができますので、もし繁殖を望んでいない場合は避妊もしっかりと検討しましょう。もちろん、避妊手術にもデメリットもあります。麻酔を使用しますので体には負担がかかってしまいますし、病院に泊まりこむことで少し臆病になってしまう子もいます。また、ホルモンの分泌が原因で太りやすくなってしまう、という事も報告されています。正確にはその理由は解明されていませんが、その原因の多くは飼い主にあり、ペットが病院から帰ってきてかわいそうにかわいそうにとおやつやご飯をあげすぎてしまうことにあるのではないかと言われています。避妊手術により体調も崩れやすくなっていますので、家に帰ってきてからもきちんと体の環境を整えてあげるようにしましょう。